MacOSX XAMPPのMySQLのパスを通す

Google 画像検索結果_ http___www.blog4tech.net_wp-content_uploads_2012_06_xampp_logo.jp_2012-11-24_18-13-40

結論から先に。

# PATHを通すために.bash_profileを編集(なければ新規作成)
$ vi ~/.bash_profile

# 私のMacOSXのXAMPP環境の場合以下を記述(binディレクトリまでのパスです)
export PATH=$PATH:/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin

:wq[return]

# スクリプトファイルを実行
source ~/.bash_profile

出不精でパソコンに触っているのが何よりも楽しい私としては、休日は自宅にいたい派。
一方、嫁は予定のない休日は夫婦でお出かけしたい派。

こんなふたりの妥協策、いや「夫婦Win&Win作戦」として最近ちょっとしたブームになっているのが、近所のショッピングモールまで出かけ、嫁は買い物に勤しみ、私はWiFi利用可能なカフェでPC作業。
ということで、この記事もイオンのスタバにてしたためております。

自宅のメインPCはWindows、テストサーバーにはLAN内のLinuxを使っているせいで、XAMPPなどローカルでWeb制作作業するのにはあまり慣れていません。そこにきて使うのはMacbook(OSX Lion)ですので普段とは勝手が違います。XAMPPはほとんどイジってなかったので、ターミナルからMySQLを使う際にちょっと悩んじゃいました。

普段Linux(CentOS)にSSH接続してMySQLにログインするには、以下で済みます。

mysql -u [user-name] -p
Enter password: [password]

でも、XAMPPでは上のように「mysql ~~」と入力しても「そんなコマンドないよ~」って感じで怒られます。
ああ、パスが通ってないんですね。そうかそうか。

コマンド入力にいちいち「Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/sql ~~~」とやるのはメンドクサイ。愚かしい。

ということで、冒頭の手順でパスを通します。

これで、「mysql」からコマンド入力が可能となりました。

MySQL, 備忘録 | , |